ツバメの雛が蛇に襲われみたいになり危機一髪

ツバメが扉の外灯に巣を創り卵を産みました。
卵を生んで3太陽事後くらいに、親鳥が朝から、それはそれは、煩くて何が起きたんだろうと覗いてみましたが
ただ、巣の知人を涙しながら飛ぶだけで見回りはかわった身なりはありませんでした。
それから時給事後、落ち着いたかと思いきやもう一度強く鳴き始めましたから一緒にいる恋人の婦人が行くとへびが扉を這いゴールイン巣にめがけて赴きみたいになって今日さした。
恋人の婦人はへびを素早く長いホウキで捕まえて逃がしました。
親鳥はそのカタチを電線からたっぷり見ていました。
長いへびでなかなか大きかったので、もしも、雛が襲われたら丸のみされていたと思います。
私も雛が何羽生まれているかわからなかったのですが、恋人と協力して巣のなかを見てみると、心のてっぺんにヘアが生えた雛がいました。
めっぽう可愛くて食べられなくて良かったと感激しました。
それから両親が囮を始める状態だけは、少し心が見えるようになり稽古を見守る事が行える事が嬉しいです。脱毛ラボ48箇所