ヒーローものや戦隊物は5人が限界、それ以上増えると…

前も書いたもかもしれない、どうも個人的には数が多くなりすぎてしまうともう頭の中で拒否感を感じてしまう事がある。
昔の、ヒーローもので言えば仮面ライダーにウルトラシリーズで、仮面ライダーもウルトラシリーズでも最初、サービスで何人も集結というのはそれなりに楽しかったのだが、5人を超えると…ねえ。ウルトラシリーズで言えば、ウルトラマンAが、ヒッポリット星人にやられたところ迄は良かったのだが、助けにきた兄弟はやられてさらにウルトラの父が出てきたのはいかがなものだろうか?(こんな言い方じゃないけど)と考えた。仮面ライダーにしても7ライダーで巨大な怪人(怪獣)、首領の本性だっけ?それに立ち向かった時は、もうやめてくれよって感じだった。やはり5というのが限界というか一番沢山いて楽しめる数でそれ以上になると拒否感が働くみたいだ。
この5という数字は多分、古くはゴレンジャーで、これ以上多い人数のヒーローものは少なかったと認識してる。脱毛ラボ 脱毛部位