地方の衰退は自らが招いてしまっているという内容の記事を読んで

地方の衰退は、自らが招いてしまっているということについては、残念ながら、記事を読んでうなずけてしまいました。若者の力を借りたいと言っておきながら、彼らが既存の価値観や感性に合わなければ、彼らを排除するということをしてしまっているそうです。つまり、多様性を否定してしまっているということです。さらに、若者に辛い仕事を安い賃金で押し付けて、期待通りでなければ、彼らに批判的になるそうです。このように閉鎖的で傲慢な態度が彼らを、より就労などの機会に恵まれた都市へと追いやってしまっているようです。
こうして地方が超高齢化・過疎化し、東京一極集中が進む(地価高騰などで東京でも暮らしづらくなる)という悪循環が起こってしまい、日本全体の衰退につながります。
地方の町がこれまでの伝統を守りたいのはよくわかりますが、新しい価値観や感性も取り入れないと、衰退してしまうのは仕方がないと思います。寛容になって新しいことも取り入れ、発展する町が出てくるといいものです。脱毛ラボ パック 支払い