血液ドロドロの?血状態を漢方薬で改善しよう

日本人の死因のトップ3に入る脳卒中・心筋梗塞といった血管に起因する病気。このような血管に起因する病気を予防するには、丈夫な血管を作って血の流れを良くして、血栓を作らないことが大切です。中医学では血液の流れが悪くなって粘りけが多くなった状態を「?血」と呼び、?血状態を改善することが必要とされています。いわゆる血液ドロドロの状態が?血です。どんなに薬や健康食品を摂取したとしても、血液が滞ってしまっている「?血」の状態では身体全体に成分が行き渡りにくくなってしまうからです。この?血状態を改善することが中医学では重要視されています。この?血を改善することを「活血化?」と言い、特に丹参を主原料とした冠元顆粒は血管そのものを強くして、血栓の形成を防ぎつつ、血栓を溶かす作用があります。実際、遺伝的に100%脳卒中になるマウスに冠元顆粒を与えたところ、脳卒中を予防する効果が見られたという実験結果も報告されています。皆さんも血液ドロドロの?血を改善するために、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか?