調べたらわかるというものでもない、だから深い知識が必要。

勉強し続けないとダメだと思ったのは、いろいろ物を書いているといちいち調べなきゃいけない事だ。よくネットでは、ググレカスとか言われるがその安易な発想ですぐネットで調べるというのは愚の骨頂という事もある。わからないことを調べてもその場しのぎでは身につかないし、間違っていた情報をつかんでしまうことは、ままあることだ。
最近では、ググルナカスという言葉もあるらしい。こういうスラングというのはどういう了見で使っているのかわからないが、当たらずとも遠からずってとこかな。
言葉には、大抵反対の言葉があったり対語があったりするので、一方から見ただけではわからないってことがありますね。
もっとも、その言葉自体間違っている利用法が逆に多く使われているものもあったりして紛らわしい。こちらは、そんな言葉を正しい用法で使うのがいいか、ごくごく一般的に使われているものとして書いてもいいのか…。それともわざわざ前置きして説明が必要かどうかにも悩みながら書くことも多い。