79歳現れの夫人後押し、1歳児を連れて喫茶店ディナー

梅雨に入りモイスチャーが多くなってきましたが、依然さわやかさを察する名古屋だ。

今日は同年代女性仲間とまぶしい喫茶店があったのでLunchへ行きました。

子連れは、お暖簾に混ざるのにちょっぴり気持ちを使います。
混雑する前に行って、幼子用の椅子や食器がないといけないので、ベビーカーと食器を持参して。

店内は森をイメージした、抑える趣向。短く行ったのでお客もいなく、幼子の当もあったので、子連れでも行きやすい感じのお暖簾だと思いました。

しかし、幼子用の椅子はなく、食器もだしてくれないことにちょこっと驚きました。
小児、眠たくなってぐずりだしてきたのでまず離乳食を食べさせました。ゆっくり与えて私の夕食もちょこっとあげたかったのに、半でてこない。食べ終わりぐずりだしてちょっと抱っこであやしました。
なんとか夕食がでてきたら、小児はまた食べ始め、夕食がなくなると不機嫌に。
幼子は眠いとぐずるものです。

友達の小児はお腹流感立て直ししておらず、お暖簾でほんのり吐いてしまいました。働き手におしぼりを頼むと、手提げ入りおしぼり1枚渡されただけ・・
ビックリしました!
幼子用の当が在るお暖簾でしたが、オムツ替え剰余もなく、幼子に冷たい喫茶店でした…

幼子と一緒に喜べる喫茶店が、いなかにあったらいいなとしみじみ思った毎日でした!キレイモ 回数制パック