借金無料相談。借金で毎日が辛い・・・それはもう返せない状況に陥っています


消費者金融やカードローンで借りたお金を返すのに時間がかかりすぎていませんか?
仕事が少なくなってしまったり、返済する金額が膨れ上がりすぎて毎月の返済が辛い・・・。悩んでいる人は意外と多いです。

 

それでも頑張り屋さんの人は、「このくらいは返済しなきゃ」「困ったときに借りたんだからちゃんと返さなきゃ」「何年かかっても返済しなければ」と必死に利息を払い続けているのではありませんか?

 

自分は返済できない状況じゃない、と思い悩んでいる人。
どのような状況が「返済できない状況」なのか、冷静に考えてみてください。


借金が返せない状況とは

  1. 返済のことが頭から離れない
  2. 毎月の給料の半分は返済に消える
  3. 返済はほとんど利息のみの状況である
  4. 他の消費者金融からお金を借りて返済している

3と4の場合は、いよいよ深刻な状況だと自分でも判断できる状態にあり、返せなくなった、と自覚があると思うのですが、1と2に当てはまる方も実はもう返済できていない状況に陥っているのです。

 

「過払い金請求」をお願いできる弁護士事務所は?

当サイトでは、過払い金請求の相談に特化した弁護士事務所をご紹介しています。
初回相談無料の弁護士事務所なので、ぜひ一度お問い合わせしてみてくださいね。

 

 

 

借金の問題はなかなか人に相談できない

今、あなたが給料の半分が返済に消えているのであれば、知人や友人からの飲み会のお誘いやイベントなどの出費の度に返済のことが頭をよぎるでしょう。

 

でも、誰にも相談できない。

 

そうすると、断るわけにもいかず、また無理をしてお金を使うことになりますよね。
そのような形で遊びに行っても、頭の中には返済のことが消えない。

 

このような状況が続くと、精神的にも辛くなってきますが、もっと悪いのはこのような状態で誰にも相談せずに放置しておくとますます借金が膨れ上がり、自己破産まで追い込まれてしまうこともあるのです。

 

返せなくなった・・・親・友達に相談することの代償

最近ではテレビのCMでよく「債務整理」という言葉を聞くと思います。
債務整理は、弁護士に相談して今の借金が少しでも楽に返せるように整理すること。

 

でもいきなり「弁護士」といわれても、正直困ります。
それに、弁護士に相談するほどの金額じゃないし・・・と思っている人も少なくないはずです。

 

では、返せなくなった時にどのような方法があるのか具体的な案を考えてみましょう。

 

・親に相談する
・友達に相談する
・収入を増やす、アルバイトをする

 

私はすべてやってみました。
しかし、はっきりいってどれも全く根本的な解決にはなりませんでした。

 

まずはアルバイトを増やし、その場しのぎの返済のために友人に一時的にお金を借りて返済していたこともありました。

 

しかし、やはり友達に借りるのは回数の限度がありますし、借りれる金額も対した金額にはなりません。
結局アルバイトを増やしたお金を友達に返済し、友達から借りたお金を消費者金融に返済するという悪循環に陥りました。

 

私は当時一人暮らしをしていましたが、最終的には親に相談し、一人暮らしを辞めて実家に戻って働きながら返済しました。
50万を借りたはずが、最終的には200万の返済になっていました。

 

親に相談し、返済も完了したのだからいいじゃないか、と思う人もいると思います。

 

でも、実際に失ったものはお金の返済よりも大きな代償でした。
友達の信用、親の信用。
そして、一人暮らしの自由な生活。

 

当時は、これだけのものを犠牲にするだけのことをしてしまったんだという気持ちは大きかったです。
ただ、今になって思っていることは「返済しなければ」ということが何年も頭の中にあり続けて何一つ積極的に生活できなかったことかもしれません。

 

もちろん、そのおかげでお金に対する意識は強くなりましたが、今思えばそこまで思いつめなければならないほどの金額ではなかったのかなとも思います。

 

親にも友達にも相談できない場合、どうなるの?


私は結局親や友達に相談することで、お金を借りることができました。
ただ、親にも友達にも相談できない場合、また相談しても借りることができなかった場合はどうなるんでしょうか。

 

一番最初に思いつくのは「自己破産」という言葉だと思います。

 

ただ、自己破産というのは簡単にはできません。
ましてや、消費者金融で借りた100万程度では実際に自己破産したくてもなかなかできないのが現状です。

 

では、具体的にはどうすればいいのか?
このまま逃げ続けるしかないの?

 

まずは「弁護士」に相談してください。

 

最近では、テレビのCMでも借金の整理は弁護士に相談するようにと言っていますので、知っている人は多いと思います。弁護士に相談することで、まずは自分の現在の返済金額と借り入れ金額を把握し、どの程度の返済を行っているかを明確にした上で、よい対処方法を一緒に考え提示してくれます。

 

これを、「債務整理」といいます。

 

実際の債務整理には、以下のような種類があります。

・過払い金請求
消費者金融系の借金はこの方法で返済金額を減らすことができます。
・任意整理
業者と話し合って、利息などを減らしてもらう交渉をしてもらうことができます。
・自己破産
借金をすべて無しにすることができます。

 

債務整理の中でも、消費者金融のキャッシングやカードローンは、「過払い金請求」でかなり返済を楽にすることができます。
これは弁護士に相談して弁護士から消費者金融に交渉してもらうことで借金を軽くする方法です。

 

まずは、思い悩む前に弁護士に相談してみてください。
一生懸命返すことは大切ですが、たとえばそれを思い悩んで何年も返済のことを考えて生活していくよりは、ずっと気持ちも前向きになります。
また、今より借金が増えることもなくなりますので、「返済したい」と思っている人はまずは弁護士に相談してください。
債務整理の相談は、初回無料の場合も多いです。
いきなり訪問するのが怖い、と思っている方はホームページのお問い合わせから相談してみるのもいいと思います。

 

 

 

脱毛ラボ 予約
アイトレーニング